banner

保険でガンのリスクに備えよう

子供が誕生して嬉しさと同時に将来必要となることが確実なお金が気になると思います。教育費、養育費とかさばる費用は多く、家を支える父親は自分に万が一何かあったときに家族を路頭に迷わせないように配慮しなければなりません。子供がまだ大学生にもなってなかったりする場合を考えると、子供が大学卒業後独立できるまでの養育費が賄えるように死亡保険を多めに設定しておくことが大切なのではないでしょうか。日本では公的年金制度により、加入者である父親がなくなった場合は遺族年金が子宮されますが、遺族年金だけでは家族は暮らしていくのが苦しくなってしまうでしょう。できれば遺族年金ではどうしても不足してしまう、学資保険や子供の保険をかけていただくことをオススメします。学資保険をかけておけば満期になると保険を契約した際に決めた子供の年齢にあわせて給付金を受け取ることができます。万が一の場合もありますが、何もなくても給付金が受け取れるというのは良いプランですね。保険会社のプランにもよりますので見極めが大切です。最近では国立大学でもそこそこお金がかかりますから、給付金を受け取れるタイミングも含めてしっかり調べて、安心した生活をおくれるように計画をたてましょう!

お知らせ

[2017年03月23日] ホームページを更新しました。

Copyright©2018【保険でガンのリスクに備えよう】 All Rights reserved.